有意義な結婚式場探しに

基本的には参加無料

ウェディング

結婚式をするにあたってどのような感じになるのか知りたいという時に参加すると便利なのがブライダルフェアです。
結婚式場の雰囲気やサービスの質を実際に体験することが出来るので、結婚式場選びで失敗したくないという人に人気となっています。
ブライダルフェアは基本無料で参加することが出来るので、特に注意点などはありませんがどうせ参加するなら時間を無駄にしないためにも用意しておくと便利な物もあります。
必ず持っていきたいものはカメラです。
メモ帳などで気になったポイントなどを抑えることも大事ですが、カメラで実際の雰囲気を画像として残しておくことで後で検討する時にとても便利になります。
今では携帯電話でも簡単に撮ることが出来るようになっていますが、より鮮明な映像が欲しいという場合もありますのでデジカメを用意していくのが無難です。
また、ブライダルフェアに参加すると多くのパンフレットなどを持ち帰ることが多いので大きめのバッグを持っていくというのも一つの注意点でもあります。
基本的には参加無料のために気軽に参加することが出来るブライダルフェアですが、試食会に参加する際には注意点もあります。
ブライダルフェアで行われる試食会は無料であるために実際の結婚式での食事とは違って、基本的に味見程度であるのが一般的です。
そのため、実際の結婚式で出されるような食事を試食したいという場合には有料の試食会に参加しないといけないという注意点があるので、覚えておくことが大切です。

参加する際の服装は

お花

ブライダルフェアは模擬挙式などもあり、結婚式の雰囲気が味わえると人気になっています。
晴れやかなイベントなので当日は普段より気合の入った洋服で出かける人もいるかもしれません。
しかし参加するにはいくつかの注意点があります。
しかしブライダルフェアはあくまで式場の下見の催しです。
注意点としてはウェディングドレスの試着などのために着脱しやすい洋服にするのがベストです。
しかしジーパンにTシャツなどといった服装ではその場の雰囲気を壊してしまいます。
女性はワンピースなどのスカート姿で、男性はジャケット着用で参加するのが良いでしょう。
また試着の際の注意点としては、前面だけでなく後ろや横など全体の雰囲気も確認することが大切です。
これはスマホなどのカメラやビデオで撮影して見ることができます。
この画像は後で家族や友人などに見てもらい意見を聞くこともできます。
男性のタキシードなどの試着は軽く見られがちです。
しかし男性が着たいタキシードを選ぶのではなく、女性のドレス姿とのバランスを見ることも注意点の一つなのです。
選ぶのに迷ったら、ブライダルフェアのスタッフが適切なアドバイスもしてくれます。
ウェディングドレスを着こなすにはメイクも少し濃い目にしておく必要があります。
そのためブライダルフェアで試着をするなら普段より濃いメイクにして出かけましょう。
ブライダルフェアでは同じように結婚を考えているカップルが集まるので、そこで情報交換などもでき、楽しいひと時を過ごすことができます。

南国で思い出に残る挙式

花嫁と花婿

まだ独身であれば結婚式に憧れを持つでしょうが、その舞台となる式場の種類は様々です。
最近では海外に出て結婚式を挙げる方が増加傾向にあり、特に南国の青い海の側で結婚式を挙げる事が人気となっています。
しかし、海外で行うとなると費用面や手間、参列者の負担など、けっして簡単なものではありません。
そこで最近、注目されているのが沖縄県です。
沖縄は国内随一の南国リゾート地でもあり、サンゴ礁が広がる青い海や温暖な気候など、海外の南国リゾートにひけを取りません。
この沖縄では、綺麗な海の側にチャペルが整備されている所が複数あり、海外に行くよりも費用面で大幅な節約ができるなど、メリットが多いです。
沖縄のような地で行うリゾートウエディングの場合、参列者の人数により費用が大きく変わります。
一般的に通常の結婚式と違い、リゾートウエディングでは身内や親しい友人のみを招いて行うケースがほとんどです。
親族のみの場合は平均で20〜30人前後、友人も入れると40〜50人程度が参列者の平均人数となっています。
出発地により多少、金額は変わりますが、だいたい一人当たり10万円前後の費用がかかると考えておけば良いでしょう。
この費用の中には、参列者全員の宿泊費用や交通費がすべて含まれているものとなります。
さらにオプションとして、ドレスなどの衣装やお花の種類、料理などのグレード、アルバム作成などがありますので、自分達の予算に合ったものを選びましょう。

人気リゾートの挙式事情

新郎

リゾートウェディングを挙げたいけれども海外は心配という方にお勧めなのが、沖縄での結婚式です。費用はそれほど高くなく、20名ほどのゲストで200万円前後です。できればビーチなどで前撮りすることがお勧めですが、スケジュール調整が難しければ地元で撮影するという方法もあります。

もっと読む

式場の契約をする前に

花嫁と花婿

ブライダルフェアの注意点としては、その場で契約をしないことです。後にキャンセル料が発生したり、内金が戻ってこない場合もあります。見積書は最低限のプランで計算されているので、実際にはもっと高額になります。また会場の飾り付けなどは、通常よりも豪華になっています。料理の味や内容も確認しておくことが大事です。

もっと読む

おすすめの結婚式場の下見

新郎

結婚式場選びにこだわりたい方も沢山いるでしょう。しかし、数多くある式場から1つ選ぶのはとても大変です。そのような時に利用する便利なのが、ブライダルフェアでしょう。参加する時の注意点ですが、聞きたい事をしっかりと確認する、即決しないでいくつか見てから決める、きちんとした服装で参加する事などです。

もっと読む